Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

野草散策とQ7試し撮り

先日購入しようか悩んでいたカメラ「Q7」ですが
諸事情あって購入してしまいました^^;

コンデジしか使ったことが無く
それ以上必要ないと思っていたため
今更ながら「一眼って何が違うのさ」
という無知からのスタートです。


【01レンズ(単焦点)使用】

元々コンデジでもマニュアル操作派なので
触ってみた感じとしては戸惑うことなく
ある程度の操作が出来ました。

撮ってみた感じとしては
フォーカスを微調整できるので
動いているチェロを撮るのには
特に接近した時に楽だなと感じます。

F値1.8で撮ったせいもあって
いい具合に周りがボケてくれてますが
P300との違いは、Q7の方がやはり
空間の雰囲気が出ているかなと思います。


・・あ、今回は覚書的に記事にしているので
カメラの話ばかりになります^^;
興味の無い方はスルーでOKです。笑


P300ではISO感度をオートにしてたのですが
やっぱりマニュアルの方がいいですね。
ISOオートにすると色々制限が出るので。

トイですが一時期フィルムカメラを使っていたので
ISOだと100~800とかF値は1.8~3.6くらいまでは
何となくイメージがあるんですよね。
160とか240とか、細かい部分は
早く直感でわかるようになりたいです(´ω`;)

色々違いが解るにつれて
出来ることの幅広さを実感していますが
とにかく撮ってみないとなんともいえないので
水曜、暖かな陽気に誘われて
野草散策がてら試し撮りに出かけました(´ω`)


【01レンズ使用】

この時期はやっぱり、緑のヒメオドリコソウとホトケノザが
わさわさーっと増えている印象です。
実はこの隣にはナズナも生えていました。
一時は雪で心配しましたが、野性の力は凄いです。
春は確実に近づいている印象(・ω・)

Q7には通常は02ズームレンズが標準装備で、
Wズームキットには06望遠レンズも付属になっています。

使い勝手の良さそうな単焦点レンズも、と思い
幾つかのレンズを合わせて購入しました。
そのうちの一つがこの01単焦点レンズです。

この日は主に野草を採る&撮るつもりで行ったので
そんなに望遠の写真を撮るつもりはなかったのですが
使ってみた印象としては、20cmくらいでも02で撮れるので
今のところですが01の必要性に疑問符が付いています^^;

ズーム幅が狭い事と、F値を下げても
そこまで周りがぼけない印象なので
悪く言えばのっぺりした感じ。
スナップ写真向けという印象です。


【07レンズ使用】

01と02と別に持っていった07レンズ。
マニュアルフォーカスやF値も調節もできない
トイカメラレンズですが、何気にこの07が凄く面白くて
帰宅して画像を確認をしたら
殆どこの写真ばかりになっていました。汗

ひとつ前の写真と同じ場所です。
全然違う印象になりますねー。
ピンホールカメラのような感じで
いい具合に周りがぼやけて不思議な写真になってます。

ちなみにレンズ自体がレンズカバーくらいの厚みなので
レンズ付いてないんじゃないかっていう外観になります。笑



ある程度距離をとっても焦点があうので
周りが細かく複雑なほど
ぼやけが強く中心が引き出される印象。



このあたりはもう反則的な写真ですね。笑
ただの遊具なのに、味のある写真になるのは
トイカメラマジックです。

ミラーレス一眼ですが(´ω`;)



ただ枯れて残念なだけのノゲシなのに
こんなにノスタルジックになるのは
トイカメラならではですね。

ミラーレス一眼ですが。笑


ノゲシはまだまだという印象ですが
確実に新しい芽が出てきているので
もう少し暖かくなったら一気に増えそうな予感です。
湿度の高い場所ではまとまって採れることもあります。
タンポポなんかはもう少しでしょうかねー(´ω`)


【02ズームレンズ】

02レンズはズームレンズですが
思ったよりズームじゃないなという印象でした。

この写真は3mくらい先のカモなんですけれども
あまり寄れず・・^^;

距離的なもので言えば、今までのP300とほぼ同様で
上に書いたように、01の範囲からカバーできるので
ズームレンズですがコンデジくらいのつもりで使うのが
いいのかなと思いました。

06レンズなんて望遠だからそんな使わないなって
最初は思っていたんですよ実は^^;
1万円以上割引が付いたので、思い切って
Wレンズキットにを購入した訳ですが
買っておいてよかったなと思いました。

以上、01、02、07レンズの試写でした。

来週辺りは06を使ってみようと思います。
Posted by ろろ   6 comments   0 trackback

2013年総括

少し遅れてしまいましたが、2014年に入りましたので
昨年一年間のデータを改めて載せておきます。
ちなみにHPの方も2013年の成長記録はUPしてあるので
詳細はそちらをご覧ください。

Cello-Web.

※ちなみにPhotoページは現在作成中です。
  もうちょっと待ってね~^^;



では早速データから。

g13a.gif
【縦】

g13b.gif
【横&高さ】

g13c.gif
【重量】


HPの方にも感想的なものを書いてあるので
重複する部分もありますが・・。
2013年は前半から緩やかな伸びで
それまでの”真冬に伸びる”というイメージから
かなり落ち着いてきた印象を受けましたね。

年間でも150gしか伸びなかった事は
月間100gの成長を記録していたチェロからすると
信じられないくらいスローになったと言えます。

今回バタバタしていてブログの方には
上半期データを載せ忘れたのですが
6月末時点では体重もまだマイナスになっておらず
いつも夏に停滞するので例年の事かという
軽い気持ちでいたんですが・・^^;



7月に線虫が確認された事で
夏場は大幅な停滞期となってしまいました。
HPの更新をしながら過去のデータを見ていたら
なんと体重が月間でマイナスになるのは
2009年にかなり危険な状態に陥った時以来という
衝撃的事実を知りました(゚Д゚;)


【エーッ!】

とはいえこれだけ大きくなっているので
今回は致命的なものではありませんでした。
しかしたかが線虫でも、場合によっては危険になりますから
個体が元気で共存出来ているうちに
対処する必要はありますし
見極める力をもっと身に着けないといけないと反省しました。


【タノムヨ!】

甲羅の方は何だかんだで縦横ともに
ゆっくりですが確実に伸びてきていて
甲長は背甲で23cm目前
甲高も10cm目前まで来ました。

ともに2014年の今もまだ超えておりませんが
体重の大台2キロと合わせて、時間の問題でしょうね(´ω`)

s13.gif
【ガンバリマス】

2014年も、夏場は恒例の
ダンボールハウス生活が待っていますし
今年はカメ多摩かめんぽ会も
さらにパワーアップする予定です。

暖かい時期が待ち遠しいですね♪
Posted by ろろ   4 comments   0 trackback

最終調整中

120211.jpg

だいぶ長い時間をかけてしまいましたが
もう少しでお見せできる形になりそうです。

お楽しみに^^
Posted by ろろ   10 comments   0 trackback

測定値からはじき出す平均値

そういえば、結構前からなんですが
身体測定の平均みたいなものを見比べています。

こちらのページを参考にしているのですが
これによるとJackson Ratio graphというものを使って
測定値から以下の数式に当てはめることで
大まかな平均に対する現状が割り出せるようです。

(LxWxH)x0.66/1000=理想の体重(Kg)(5~10%以内の範囲)
L:甲長(cm) W:甲羅の幅(cm) H:甲羅の高さ(cm)

(By Dr.Todd Driggers, Dr.Doug Mader, Greg Stoughtenburg)


ちなみに、ヘルマンとギリシャにしか使えないらしいです^^;

チェロは甲幅を測定していないので微妙ですが
持った感触から仮に13.5cm程度と仮定すると
現在のサイズから割り出す数値は・・1.541(Kg)

1541g(゚Д゚)

・・さすがに、それはないw

単純に今の体重をグラフに当てはめると綺麗に納まるものの
この数値が本来の体重だとしたらぶっちぎり飛び出ますね。汗

正確な数値を測らないと何とも言えませんが
海外の個体でのデータということも合わせると
環境の違いも大きく出るのかもしれません。

但し、本文にもありますが
リクガメの長さ関係を甲長と幅と高さとで測定している点で
優れた数式であることは間違いないようです。


ちなみに測定の図を見ると、甲長は背甲よりも
どちらかと言えば腹甲の長さを測っているように思えます。
というか、そっちの方がドアに挟まずにいけるし
暴れても問題なく楽に測れますよね。。

・・今更ですが、来週辺りから変更しようかなと思います^^;


で、色々難しく書いてあるのをすっ飛ばして
更にデータを見ていくと、もう一つ気になる文章があります。

ギリシャの場合は、甲長(cm)を3乗したものに
0.18~0.19を掛けた数字が
その甲長に対する平均的な体重(g)
という結果になりました。


というものがありました。

この数式で改めてもう一度、チェロのデータで計算してみると
1196gという結果になりました。
先週末で1138gなので、ちょっと軽め?という結果でしょうか
こちらの方が解りやすいような気がします。
一応国内での個体でつくったデータのようですから
かなり近い数値になったのも理解できますね。

・・都合のいいほうのデータだけを見て
帳尻合わせをしようとするのは親のエゴですが。笑

まぁ、これらはあくまで参考なので
そこに収まらないとダメというわけではなく
一喜一憂するほどのものでもありませんが
たまに比較してみるのもいいかもしれませんね。
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

かぷかぷわらつて

・・・さて。

ここ数日、ちょっと気持ちの整理に時間がかかってしまいました。

いったい何を書いていいのかと・・。


水曜日に、とても悲しいお知らせが入ってしまいました。
春先から散歩などをご一緒させていただいていた
zerokoさんのお宅のかぷーちゃんが、お亡くなりになりました。


私は、かぷーちゃんに実際に何度も会って、その元気な姿を見ていたし
つい先月も暑い中でしたが一緒に散歩に行ったばかりでした。

まだまだ小さいベビーで
ちょうどチェロが我が家にやってきた頃くらいのサイズで
好奇心旺盛で活発な姿は、チェロとダブって見えて
近所に可愛い弟ガメが出来た気持ちで本当に嬉しかったのです。

春先に比べたら、体重も増加していたし
目の回復など含めて、徐々に兆しが見えていたところだったので
尚更ショックは大きかったです。

歩き回る姿だけを見たら、この結末は到底想像できません。

ですがzerokoさんの介護に等しい程の壮絶な努力によって
その小さい命はかろうじて繋ぎとめる事が出来ていたのは事実です。。


何とか、何とか。

例え大きくならなくても、最悪このままのサイズでもいいから
元気になって、zerokoさんとかぷーちゃんが
何の心配もなく楽しい日々を過ごせることを願っていました。


朝早くに、メールが入っていて
寝ぼけた頭ながら、しばらく途方にくれました。

それ以上に辛い心境のはずなのに
ご丁寧にメールをして頂いたzerokoさんには
この場で改めて、お礼と共にお悔やみ申し上げます。


そしてかぷーちゃん。

110504h.jpg

私の手のひらで、気持ちよさそうに居眠りをしていたこの写真のように
今はもう、何の苦しみもない世界で元気に歩き回っていることでしょう。

チェロがそっちに行く頃には、きっと
何倍にも大きくなった姿で迎えてくれることでしょう。

その時はね、よろしく頼むよ。

かぷー先輩。


ご冥福をお祈りいたします。

どうか安らかに。