Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろろ   4 comments   0 trackback

虫その後

3日の水曜に、先月行った駆虫の検査に行ってきました。
今回もまたもや仕事の都合で都内に用事があったので
運コメッセンジャーとしてブツをかばんに忍ばせました^^;

都内とか書いていますが、行き先は王子だったので
田園調布までの道のりは、かなりの距離。
東京に大きな三角形を描く一日となりました(´Д`)

さて気になる駆虫ですが
最近のチェロさんは食べたり食べなかったり
とても気まぐれな様子でした。



最近はこんな状態で固まってたりする時もある^^;
食べてんだけど食べてない、みたいな。

季節的なものなのか、それとも虫の影響なのか。
本当に今回の虫は目に見えないだけに
その辺りが全く解らず判断しづらいのです><

実際に変化として体感できることは
体重の増減くらいのもので
そういう意味では駆虫直後に出て減り
その後緩やかに回復しているというのが
ここ2ヶ月の推移ですが、データを取っている表を見ると
そのあたりがとても顕著に出ているのが解ります。

さて問題の虫。

検査の結果は

 :

 :

うーん、何といえばいいのでしょうか。

結果は「ゼロではない」ということでした。

非常になんとも言いづらい感じだったのですが
前回の駆虫のときに大量にいた状態から比べたら
「ごくわずかですので、普通にこのくらいは居ても問題ないです」
というレベルになったそうです。

そして今回また謎だったのですが・・

前回居たのはギョウチュウだと聞いていて
なんとかかんとか(いい加減覚えろ)は駆除できていた。
そう聞いていたのですが
今回聞いたのは、ギョウチュウは居なくて
なんとかってのが僅かながら居るということで
そのなんとかってのは居ても問題ないという。

10月の最初の検診の時に
なんとかってのがいて、ギョウチュウもいたって言われて

11月の検診では
なんとかってのは殲滅できたけど
ギョウチュウが多いって言われて

12月の検視では
ギョウチュウは全く居ないけど、なんとかってのが居るって

えーと・・・・

理解不能なんですが。

別に病院を疑ってかかるわけではなくて。
ただ一つ気になったことは、10月と今回は
いつもの先生だったのですが
前回は違う先生だったんですね。

だから前回の時にもギョウチュウとなんとかって虫の
認識のニュアンスが、前回と違うぞって思ってたんですが
今回は元に戻ったような印象を受けたので
余計に頭が混乱しました。

でも、とりあえず今回はいつもの先生だったので
チェロのことをよく解ってくれているため
ここまでの経過を説明して相談して
「今回は一度駆虫をやめて様子を見る」
ということに決めました(自己判断)

経過の話をする前に、まず最初に開口一番
先生から「うん、大丈夫ですねー」と言われたことも
問題ない範囲という判断材料にさせて頂きました。
とはいえ、大切な決断を人のせいにしたくないので
改めて書いておきますが、これは自己判断です。


そんなわけで一応、虫との闘いは一旦終焉ということで
ひとまず安心して年越しが出来そうです(・ω・)


【長カッタナ】

当のチェロさんは毎週のように食べていた
フルーツがもう出てこない事がきになるのか
たまに「ねえ、いつものは?」っていう顔で見られますが
うちはそんなに甘やかした飼育をしていないので
たまに出るトマトで我慢してください。笑

それにしても今回の件ではっきりと
「同じ先生に診てもらわないと意味がない」
ということを認識しました。

実際、田園調布なので
院長先生に診てもらうのが一番かもしれませんが
チェロは最初から別の先生に診てもらっているので
他の先生だと、話が100%伝わりづらい感覚があります。
それは院長先生とて例外ではありません。

次回からは指名で診てもらおうかなとも思っています。
スポンサーサイト
Posted by ろろ   4 comments   0 trackback

定期健診とご報告

猛暑のような暑さから一転
続けて雨も降っていないのに梅雨入り宣言に
なんとも感じのつかめない方も多そうな東京地方。

昨日は休みだったのですが
6月になったので、毎年恒例のヤツを抑えるため
定期健診(今年から初めてこう言える様になりますね。)
をするために病院へ行って来ました。

結果から言うと、シロ。


【ヒャッホイ】

いまの病院に通院し始めてから確か3年目←あいまいw
この時期の検査としては2度目の虫なしでした。
(うち1回はその後出ましたが・・・)

正直、原因が全然わからないので
対処のしようがないのですが
唯一、明確に変えた事といえば
ある場所からの野草採取をやめたことです。

きっかけは、いつも行っている原っぱなどは
ご近所カメ友さんも同じように採取していて
虫が出たことがないという点でした。

自宅から原っぱに行くよりも、市の管理下にある
除草剤をまかず刈り取る公園の方がやや近く
オオバコなども採取しやすいので
毎年重宝していたのですが
あえて疑ってやめています。

それが全てではないと思うのですが
今年は虫っぽい兆候が全然なく
実際検査でもひっかからなかったので
今後もその公園はやめようと思います。



さて

ここで皆様にひとつ、ご報告があります。

実は・・

卵胞がありました(゚ω゚;)

左足側に比較的大き目のが1つと
右側よりに小さいのが2つ。

エコーで確認してもらいました。

4月末くらいからちょっと食欲が落ちたりとか
こたろぉちゃんに噛み付いたりとか
いつもと違う感じの様子を見ていたので
可能性としてはあるかなと思って
今回の検診で一緒に見てもらおうと思っていたのですが

やっぱりありましたねー(´ω`;)

とは言っても、卵胞なので
すぐにタマゴになるかどうかと言ったら
先生的には「ないでしょう」ということでした。

吸収してしまえば問題ないですし
明確な発情行動みたいなものも見られないので
産卵はもう少し先になりそうです。

チェロも6歳ですから、お年頃ではあります。
卵胞のひとつくらいあっても不思議ではないですよね。
(※先生いわく、ひとつってことはないそうですケド。笑)

去年くらいから、私の周りでは
産卵ラッシュかと思うほど
有精無精問わずポコポコ生まれていますが
そのおかげか予備知識は入ってきているので
その時がいつ来てもいいような準備は
始めなくてはいけないかなと思いました。

その時には、皆様の力強いアドバイスに期待しております。
何卒、ご助言をよろしくお願いします( ̄人 ̄)


<おまけ>

先日、ツノガエルをお迎えしました。
こちらはカメのブログなのですが
カエルが苦手という方もいるようなので
別でブログを立ち上げました。

ピコブロ
http://ameblo.jp/stolzmanni/


よかったらどーぞ(・∀・)
Posted by ろろ   14 comments   0 trackback

虫とバッグとキャッチ

GWが終わったばかりなのに
もう休みのろろです(;´ω`)ノ

120509a.jpg
F値:4.2 露出:1/80s 焦点距離:14mm ISO-560 シャッター優先オート
【マジデー】

まじですよ。笑
定休日なのでね。

今日は朝から空模様も良くなかったため
12時くらいまでぐーたら寝ていたのですが
チェロも同じように寝ていました。

最近は空気がよめるようになったね^^

そんなわけで、遅めの朝食は、ちょこっと明るい場所で。

120509b.jpg
F値:1.8 露出:1/80s 焦点距離:4mm ISO-360 シャッター優先オート
【おいしゅうおすえ?】

昨日スーパーの見切りコーナーにて
京都産の小松菜を激安の70円でGET☆

ここのところ西の野菜も
少なくて高いからか、売れ残りが多いですね。

皆さん、時間とともにあまり気にしなくなっているのか・・
基本的には子供がいるお母さんは気にしてもらいたいところです。
5年、10年後に後悔しても遅すぎます><

そして何より、ユーザーの意見を取り入れて
その視点で一生懸命仕入れをしている人の為にも
腐る前に処理してあげたいという気持ちで
ちょこちょこまとめ買いに走っている、ろろです(´ω`;)

さて

今日は病院に行きました。

憎き虫を退治するため、雨が降りそうだろうが何だろうが
バイクでひとっ走りしてきました(・∀・)←楽したいだけw
またしばらく、田園調布にお世話になります。

あ、そうそう

本題に入る前に!

実は先日、散歩や通院用として
移動用のかばんを購入したのですよ!

120509c.jpg
F値:2.5 露出:1/40s 焦点距離:4mm ISO-160  マニュアル
【じゃーん】

120509d.jpg
F値:2.5 露出:1/40s 焦点距離:4mm ISO-160  マニュアル
【メッシュ】

撮影場所が思いっきり病院の入り口の横ですが(笑)
このバッグ、小型犬(猫)用のもので
大きすぎず小さすぎず、いい感じです♪

中に入っていても外が見えるように
いたるところがメッシュ仕様となっているため
通気性もよく、ストレスも軽減されそうです。

何より背中側がメッシュなので
移動中にも日光浴できてしまうという!(・∀・)イイネ

120509e.jpg
F値:2.5 露出:1/30s 焦点距離:4mm ISO-160 マニュアル
【網の向こうからコンニチワw】

見づらいですが、横から見ると三角形で
しかしながらファスナーを開くと
上部まで四角く広がり、さらに上部にメッシュ付き。
リュックタイプで、胸元で2箇所止めるバンドもあるので
安定感もあっていい感じです^^

DOG☆STARというお店で購入しました。

リュックキャリー

・・あ、ここに詳細の写真載ってた。笑
ちなみにSサイズ。

実はHappy キャリーと少し迷ったのですが
安定感の点で、断然リュックキャリーの方で正解でした☆

どうでもいいけど、犬猫用品って高いよね(´Д`)

ま、まあ(汗)
今のところ丁度いい感じなので
いずれMサイズを買いなおさないことを祈ります。笑


さて虫。

朝の温浴で採取したうんpを持っていき
その中から、小指の爪先ほどを採取して顕微鏡で見たところ
見事に卵が発見されました・・orz

先生曰く(※いつもチェロの担当は角田先生という男性です)
原因が何かというより、カメの場合は
一度駆虫しても、何故かまた出てくることはよくあるようです。

さらに、以前は駆虫が終わってからの検便だったので
先生は存在を見ていなかったということで
ギョウ虫だと思っていたそうなんですね。

今回、色々と状況説明をしている中で
ギョウ虫と回虫は結構似ているから
解りづらいということを説明を受けたのですが、その上で

「ああ、多分それなら回虫の可能性は高いですね」と言われました。

で、前に行った駆虫は、粘度の高い白い液体を
細長い器具を使って食道に押し込む形だったのですが
それだと比較的弱めの処方だということで
今回は対・回虫用で少し強めだという、粉薬を処方してもらいました。

実際には、前回のでも効果はあったので
同じものでもよかったのですが
一ヶ月、自宅で行えるということなので
こっちの方が助かりました^^

チェロ的にも移動と処方と
嫌な思いしなくてすみます^^;

まずは一ヶ月、様子見ですね。


ちなみに今日は午後イチ(16時)に行ったところ
むちゃくちゃ混んでいて一時間くらい待ちました^^;

その間、少し腹ごしらえ的な感じでコンビニに寄ったのですが
病院の近くにも野草は沢山ありまして

こんな立派なユキノシタや
120509f.jpg
F値:2.5 露出:1/30s 焦点距離:4mm ISO-160 マニュアル
【特大】

某ゴルフショップ敷地内(笑)では
こんな見事なシロツメクサの群生を見つけ

120509g.jpg
F値:2.8 露出:1/160s 焦点距離:6mm ISO-160 マニュアル
【サイズ幅、高さともに文句なし!笑】

ついつい写真に収めてしまいました(´ω`)


最後に。

カメの移動といえば、つきものがありますよね^^;
そう、あれです。下のほうの話です。。

今日はキャリーバッグと共にイチコブランドのオムツを装着!
万全の態勢で通院しましたが
見事にオムツ効果を発揮していただきました☆

120509h.jpg
F値:1.8 露出:1/80s 焦点距離:4mm ISO-280 シャッター優先オート
【自主規制^^;】

ちょっとどうなの?という写真の上に
めっさ解りづらい写真ですみません。。

いやー凄いです、イチコブランド!
40分近く暴れていたのに
きちんとキャッチしていただきました!(゚Д゚)スゴ

<オマケ>
120509i.jpg
F値:2.5 露出:1/5s 焦点距離:4mm ISO-160 マニュアル
【MELON MELON HANDMADE】

前回気づかなかったのですが、実は内側にこんなタグがありました。

どこまで芸が細かいのでしょう!
このプロ意識、素晴らしいですね^^
Posted by ろろ   12 comments   0 trackback

2012年・通院初め

寒い寒い東京地方ー(´Д`)
明日は雪になるそうです。。

さて、年末のがじちゃんの記事にまぎれて
こっそり更新していた定期測定がありました。
(と言っても定期測定は定期的なのですが。笑)

そこで少し触れましたチェロの体調について・・

1月8日の定期測定→これ

寒さと乾燥が続くせいもあってか
年末からお正月くらいまでは
たまに鼻からピーピー音がしたり
寝ている時もブシュッっていってたこともあり
稀ですが鼻水っぽい時もありました。

先週末くらいから突然元気になって食欲も上がり
鼻音も聞こえなくなったのですが
心配なので病院へ行ってきました!(・ω・)

120119d.jpg
【マシタ】


田園調布まで片道約40分、バイクの旅。

こんな寒い冬に外に出すのは
チェロにもかなり負担になりますね。

今回は100均で買ったネックウォーマーとマフラー
あとホカロンとウエットティッシュw
これらを組み合わせて何とか寒さをしのがせました。

・・あんまり好ましくないけど、汚れたものは全てポイですorz


ちなみに今回も田向先生ではありませんでした。笑

でもいーんです。

前回の駆虫の時には毎回お世話になりましたし
同じ先生ならそれはそれで話も早いですからね^^;

そんなわけで今回も角田先生。
何気にイケメン←女子かw

チェロを見るなり一瞬、硬直。
イケメン硬直←しつこいw


「あれっ!?・・この仔・・・前に・・来た仔です・・よね?」

はい。笑

あまりの大きさに驚きを隠せなかったようです^^;


去年診てもらったのは夏になる直前で
900g弱をうろうろしていた頃でした。

病院で測った体重は1260gほどで
(しかも箱の中でめっちゃ出してた。汗)
半年で1.4倍くらいになったと驚愕していました。

それもそのはず・・駆虫を終えた後
07月 +22.2g
08月 +31.6g
09月 +37.5g
10月 +32.1g
11月 +103.2g←やっぱり光るのはココ。笑
12月 +47.3g
で、今年すでに+30g

夏場にいつもマイナスになるのに
駆虫してよくなったおかげで去年は初めてプラスになったこと
そして、ピークは冬に来るということで
11月には月間100gオーバーの増量があったこと

それらを全て伝えた上で

「で、毎年のデータだと、今からが一番伸びる時期なんですよ~」

と伝えると、先生もさすがに唖然としておりました^^;


で。

今回はサイズを測りに来たわけではなく
鼻のことを伝えると、たぶんもう治ってますとのこと(;・ω・)え

ただ、時期的にまだ心配なので薬だけは一応もらってきました。

120119a.jpg
【点鼻薬w】


いつも病院にいくと大ハッスルするチェロですが
今回はやたらとおとなしくしていました。

でも前回検便したい時には一度も出さなかったのに
今回は大量に出してくれました(´Д`)

リュックに入れて背負っていたのですが
帰り道は中でかなり暴れていて
ぐりぐりされるので背中で解るくらいでした。笑

帰宅したら、ちょっと放心状態のチェロさん。

120119b.jpg
【・・・】

なんと、大好物のノゲシを前に
まさかの自ら「待て」状態^^;

チェロ、どんどん食べていいんだよー

120119c.jpg
【・・・】

やっぱり大きくなっても移動は負担がかかりますね。

ひとつ今回思ったのは、今後のために入れ物を探すのもそうだけど
移動時にはオムツがあると助かるかもしれないということでした。

ちなみにチェロさん、この後スイッチが入ると共に
とんでもない量をペロっとたいらげましたとさ(・ω・)
Posted by ろろ   4 comments   0 trackback

Let's 健康診断

昨日は雨→曇り→晴れ→曇りと
東京地方は不安定な天気でした。

私が休みということもあって
午後の晴れを待ってから
田園調布の動物病院にいってきました。

片道約25km、バイクで1時間ほど。
思ったより遠いという感じではなかったです。

有名な病院ということもあって
午後からの診療は人があふれるほど沢山。
17時頃に到着して、診察が18時でした。笑

ただ、待っている間に色んな動物が見れたので
一時間も待ったというイメージはありませんでした^^

一番驚いたのは、子犬を運ぶ樹脂のケースに
とても大きなホシガメが入っているのを見たときでした(゚Д゚)

あのサイズならば、ああいう移動用のケースが
何の違和感もなく使えるので
ある意味羨ましいな~と思いました^^;

40センチくらいあったかなぁ。
でも逆に、あれじゃ飼うのが大変か(´Д`)

さて、この子。

110609a.jpg
【画像サイズを大きくしてみた】

前回の記事にも書きましたが
夏場に体調を崩しやすいので
早めに健康診断をしてもらいに行きました。

初めてなので、どこから来ましたか~から始まり
飼育環境や、給餌状況、それから普段の行動など
さらっと話しをしました。

その間、先生はなにやらチェロを両手で抱えて
感触を確かめていました。

「ふむ・・・ちょっと柔らかいですね」

予想外なご意見でした。


確かに強く押すと、お腹が少し凹む。

いわゆるハコガメとか
甲羅が可動するカメのイメージがあるので
若干のその動きはあるものだという認識でしたが・・

ちょっと柔らかい、とのことです。

ちなみにうちは、カルシウム剤は一切与えていません。
天然の野草からの栄養をメインとしているので
無理に添加したりはしていないのです。

また、これは賛否ありますが
実は以前カルシウム剤を与えて
結石になりかけたことがあって
それもあって、この2年半くらい
全く与えていませんでした。

やっぱり甲羅の形成にはカルシウムが不可欠で
ビタミンD2を体内で変化させるだけでは
ケージ内での飼育ということを考えると
少し足りないのかなぁと、思いました。

とりあえずカルシウム添加を
2年ぶりに復活させようと思います^^;




一番の問題点。

そう、虫です。

チェロは線虫を良く見かけます。
温浴して出す時にはわからないのですが
たまに甲羅を洗ったりする時に大量の糞をして
その時にまずほとんどと言っていいくらい
2センチくらいの細いヤツが現れます。

一時期、食糞により虫が悪さをした時に
駆虫をしてもらって成長が復活したという事がありましたが
その後に全くいなくなったわけではありません。

むしろ私は、生命の共生、自然の摂理を考えると
虫がゼロというほうが逆に怖いと思うのです。

ただ、共生が可能だとしても虫がいるという事で
いつその虫が悪さをするか解らないというのも事実。

それが毎年のこの時期の体調不良となるわけで。
(季節がらの衛生的な部分と食糞が特に大きいと思われる)


診察に伺う前に相当出してしまったので
一時間の移動の間に全く糞をしていなくて
先生にお渡しできるものがなく検査もできなかったけれども

いたのであれば、検査する必要ないです。

と言われ(確かに^^;)

駆虫してもらう事にしました。

元々、検査して可能性があるならば
駆虫してもらおうかなと思っていたので
成長もしていて元気もあって
通常は”即駆虫”とならない状況の中で

「駆虫しておきましょう」

と先生から言ってもらえたのは
ある意味安心しました。

そういえば駆虫ってああいう感じなのですね。
注射みたいなのかと思ったら・・・

前の病院では駆虫しているところを見せてもらえませんでした。

とりあえず2週間あけて、合計3回。

これで何とか今年を無事に乗り切れるならば
少しの負担も仕方ないのかなと思いました。

しかし、チェロさん。

昨日アレだけ(いつもの4倍くらい)出してったのに
診察室で897gという数字でした(゚Д゚)

普通に計ったら920くらいあったのではと思います。笑


今朝のチェロは、ちょっと憂鬱な表情をしていました。

110609b.jpg

そりゃそうだよね。

往復2時間以上も移動して
お腹をぐりぐり押されたり
強引に顔を引っ張り出されたり
喉に棒突っ込まれたり
胃袋に液体流されたり

したわけだ><

ただでさえ鳴いたり出来ないのに
医者って手加減ないもんなぁ(´Д`)


ごめんなー。


でもとりあえず

出したものは食べないでね・・orz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。