Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろろ   0 comments   0 trackback

5月30日の定期測定

寒かったり暑かったりと、相変わらず
ハッキリしない気候がつづいております。

ここ最近のチェロさんは、やたらと早起きで
セットした目覚ましよりも相当早く
甲羅がケージのヘリに当たる音で目が覚めます。

それも大体同じような時間ということで
ある意味体内時計は正常なようですね^^;

100531b.jpg
【デスヨ。】

睡眠妨害になるので、早めの朝食を与えて二度寝して
起きた頃にはまた”ご飯くれー”の合図なので
与える回数が増えていいのかなぁとも思う今日この頃。

食欲旺盛な時は沢山与えられるほうが
しっかりと成長してくれますよね☆

さて、今週の定期測定!

甲長:122.5mm(+0.3mm)
体重:348g(+8g


・・はい!

全然大きくなってませんでした!笑

ねえ、いったいドコに行ったの?あの食べた分は。。

100531a.jpg
【さー?】
スポンサーサイト
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

2周年

はい、実は昨日がチェロの誕生日でした。
正確には誕生日は不明なのですが
一応、我が家にやってきた日を誕生日としています。

2007年ベビーなので、数えで3歳ということになります。

さて、だいぶ間が空いてしまいましたが
今日は、チェロが我が家にくる以前の
お話をしたいと思います。

前回の記事では3年くらい悩んだと書きました。

では、なぜ悩んだのか。

皆様は、3年という期間をどう思われるでしょうか。

勿論、ずっと考えていたわけではなく
なんとなく、3年経ったというのが正直なところです。

当時の僕は、動物を飼うということを
それは真剣に考えたのです。

実はそれ以前に、クサガメを飼っていたことがあります。
名前をブラウニーとつけて可愛がっていました。

しかし、いま思えば、最低の飼育者だったと思います。
何も知識が無く、ただ水槽にぶち込んで
温度もさほど気にせず、エサだけを与える毎日。
カメからしたら、さぞかし辛かっただろうと思います。

こういう飼育者って、結構居ると思うんです。
特に夜店やスーパーで売られている
ミドリガメやクサガメを飼っている人たち。
僕も例外ではありませんでした。

人気がある犬や猫は、買うのにもお金がかかりますし
当然ですが、飼い始めてからもお金がかかります。
でもカメは安く買えてしまうので
手をかけない?人が多いです。

日本には野良犬というものが居ないので
何ともいえませんが
犬にとって何が幸せなのか解りません。
ただ、カメにとっては、自然下で自由に生きたほうが
人に管理されるよりはるかに幸せだろうと僕は思います。

その気持ちは、今でも変わっていません。

リクガメを飼うにあたって、一番悩んだことがそこです。

海外の、気候などの環境が全然違う地域で生きる生物を
無理やり日本に運んできて
小さい箱の中で一生過ごさせる。
あからさまな人間のエゴ以外のなんでもないんです。

だから僕ら飼い主は、リクガメが本来持つ
野生の能力を押さえつけながら
管理下において生きさせなければならないのです。

でも、野生のリクガメがどのくらいの生存率なのかというと
実際に大型になるまでに多くのカメが
犠牲になっているわけです。

それが自然の摂理だといわれたら
そうなのかもしれませんが
例えば今、我が家にいるチェロが野生にいたら
もしかしたらもうこの世に居ない可能性もあるのです。

カメにとってはどちらが幸せなのか。

とても難しい問題です。

では、僕ら飼育者が何を重んじなくてはいけないのか。

答えなんて人それぞれなので
正しいものは無いと思いますが
僕は、飼育者として、そういう責任を大きく感じながら
日々の世話をしています。

ペットでも、生き物である以上
飼い主の都合で死なせてしまうのは大きな間違いです。
例えば自分の子供のように、ちょっとしたことでも
気付いてあげられる気持ちが大切です。

特にカメは、鳴いたりすることが出来ません。
状態は、毎日見ている飼育者の判断に
全てゆだねられるのです。
時には医者よりも的確な判断が出来ることもあるでしょう。

僕は、チェロが約40年生きるということで
そこにもとても悩みました。

40年経ったら、僕はその頃には70歳近い年齢です。
どちらが先に逝くかくらいの歳になります。

それでも、最後まで面倒がみれるのであれば
ずっと一緒に居たいと思って、購入に至りました。
もし100歳以上まで生きるようだったら
おそらく手にはしていなかったと思います。

自分が管理できない後のことなんて
そんな無責任なことは考えられません。

ただ、40年一緒に居られて幸せというのは
結局はそれも人のエゴなんです。

そして極端に言ってしまうとすれば
リクガメを飼うということは、非常に面倒くさいことです。

栄養配分を考えた野草を与えるために
採取に出かける時間をつくらなくてはいけないし
適切な紫外線を確保するために
高価なライトなどの設備を
定期的に交換しなくてはいけないし
温度管理などで一日中エアコンをかけることもあります。

病気になったら、保険がないので
お金は更にかかります。

それを、少しでも面倒くさいと思う人は
飼育をしないほうがいいです。
飼わなければ、全ての苦労はなくなります。
お金も一切かからないですみます。

ではなぜ、わざわざ飼うのか?

リクガメは、うんともすんとも言わない動物だけど
注いだ愛情は決して無駄にならないと僕は思います。

でも、万人に理解してもらおうとも思いません。

とにかく

チェロが生きるうえでの、全ての事情に関して
一切の責任を背負う覚悟を決めるまでに
3年という時間を過ごしたことは
今の僕にとって大きな財産であると思っています。

勿論、飼育を始めてからも
様々な面で、大きく思考は変化しつつあります。
答えはきっと、最後まで出ないでしょう。

それでも、生き物を飼うということ。
そこに真剣に向かい合う姿勢が
一番大切なんだと思います。

チェロにとっても、それがプラスになるように
これからも一緒に歩いていけたらと思います。

まだまだ未熟な飼育者でごめんよ。

誕生日おめでとう、チェロ。
Posted by ろろ   0 comments   0 trackback

大収穫

本日水曜日はお休み・・ということで
例によって雨がふるんです^^;

そんなわけで、午前中の曇りのうちに
野草を採取してきました☆

100526ya.jpg
【オオバコ】

100526yb.jpg
【シロツメクサ】

これからメインとなってくる野草も
かなりの量が生い茂ってきました^^

100526yc.jpg
【圧巻】

逆に、ノゲシはこのような状態で・・・

100526yd.jpg
【限界?】

そろそろノゲシも夏の準備なのでしょうか
エサ向きじゃなくなってきました。
葉がとても濃い緑になり、硬くなってきています。

ノゲシは主力なので、できる限り採りたいのですが
あんまり硬いと食べてくれないので
今後は、柔らかいものだけを採るようにします。

100526a.jpg
希少になってきたので味わってね。

さて

本日一番の収穫はこちら

100526sa.jpg

そう、桑の実です^^

実はチェロさんは桑の葉を一切食べてくれないので
本当は抜群の栄養を持つ初夏のよいエサなんですが。。

したがって、今日は実のほう。
人間のエサを沢山とることができました^^;

100526sc.jpg

お酒にしようかシロップにしようか
悩みどころですねー。

100526b.jpg
【わたしには関係ない話だー】
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

5月23日の定期測定

またもや寒さが逆戻りの東京地方。
気温差は10度以上という話ですから
カメだけでなく、人間も体調を崩しそうです><

昨日から雨が降り続いております。
植物にとっては恵の雨となる事でしょう。

さて、定期測定。
書くのが一日遅れましたが、測ったのは昨日です^^;

甲長:122.2mm(+1.2mm)
体重:340g(+16g)


このところホントに、よく食べるというイメージ。
毎朝、山盛りにしておくのですが
どうもあふれすぎてバラけるようなので
エサ皿を大きくしないとちょっとキツイなと思ってます。

相変わらずノゲシが好きなようで
驚異的な勢いで食べております。

暖かくなってきてるし、紫外線を沢山あびて
どんどん大きくなってもらいたいですね。

今週は散歩に行けるかなぁ~
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

恵みの雨

昨日までは、雨が降らないという予報だったのに
いざ出かけようとしたら雨が降ってきてしまい
びしょびしょになりながら野草を採取してきました^^;

しかし野草の成長っぷりには驚きですね。
2月頃から、いつも行っていたスポットは
とうとう進入不可能なくらい生い茂ってしまいました。

あんまり茂ると、蛇とか蜂とかが出るので怖いです><

原っぱだけじゃなくてあそこも狩ってくれないもんかなぁ。。

先週から突然カキネガラシには
見向きもしなくなったチェロさんですが
野草スポットでは、目下カキネガラシが一大勢力となり
とうとう原っぱの方にまでその勢力を拡大しておりました。

たぶん、ネーミングはヤブガラシ同様だと思うのですが
どんだけ枯らすんだ、垣根枯らし・・^^;

ただ、クローバーとオオバコスポットは広大なので
そんなものもろともせず、大きな葉をつけていて
雨と言うこともあり、みずみずしく育っていました。

ずぶ濡れだったので早く帰ろうと思ったんですが
人気の無い草原でに降り注ぐ雨を見て
思わず立ち止まってしまいました。

人にとっては嫌がられる雨でも
自然に生きるものにとっては大切な恵みで
なんでもない風景なんだけど、すごく幻想的で
自然は生きてるんだなーと実感しました。

雨の為、写真がなくてごめんなさい^^;


みずみずしく、新鮮な野草を採って帰って
早速チェロに与えました。

今朝、結構な量を食べたのに、まだ全然足りないようで
無我夢中で食べ続けております。

100519a.jpg
【後ろ足がポイント☆】

与えた量がなくなると・・


100519b.jpg

じーっと見て


100519c.jpg
【ね、おかわりまだ?】

こうやって見ると、結構しわしわですね^^

そんな、年寄りみたいな若者。

彼女も成長期です☆


-P.S-
前回、前々回の記事に写真を追加しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。