FC2ブログ

Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろろ   4 comments   0 trackback

DIYでプチ改造(画像つき)

珍しく本日2度目の投稿^^

先日のケージのプチ改造ですが
人様の記事にジャンプで誤魔化すというやっつけ仕事だったので
改めて画像を入れて記事にしておきたいと思います^^;

我が家で使用しているのは木製の某ケージで
ライトの取り付けの場所なんかもしっかり出来ておりますが
天井部のパーツの取り付けに関しては
穴があいていて、その穴から針金を差し込んで
「まぁ・・テキトーにやってね。」というお粗末な感じです(´Д`)

針金の長さもユーザー任せで
取り付けもちょっと不安定な感じで
何より天井から針金が突き出るので
ケージの上の見た目も悪かったです。

そこで改造となりました。

※あくまで原案はzerokoさんのブログであり、私のはパクリです。笑


まず暖突。

<用意するもの>
・ネジ式のフック
・チェーン

フックはこんなやつです。
110805j.jpg
ホムセンで売ってます。
サイズは色々ありますが、小さいのでOK。
でも足が短かすぎると落ちるので
あまり小さすぎるのも禁物×
6~8個くらい入って200~300円くらいだと思います。

チェーンはやっぱりホムセンで、1m単位で切り売りしてます。
4箇所ですが、1mでも余るくらい十分な長さです。
輪の大きさとか素材で価格は変わりますが
大体100円~300円くらい。
一応湿気があるし、サビにくいステンレスが◎
・・うちのはメッキです。笑

<手順>

・天井にフックをねじ込みます
ねじ込む位置は暖突の角度で変わりますが
横幅は完全に暖突のサイズと同じでOKだと思います。

奥行きも、角度を調節できる様にしますが
フラットにもすることを考えれば
暖突と同じ幅の辺りがベストかと思います。

ちなみに元々あいてる穴にフックを刺すと
場合によっては強度が落ちる可能性もあるので
新たにねじ込んだほうがいいと思います。


・チェーンの長さを決める
オリジナルはL字のパーツをつけていますが
我が家の場合は直付けをしました。
特に理由はありません。ただ買い忘れただけです。笑

暖突の裏の四隅にあるネジは取り付け用で
側面にあるネジは本来暖突そのものの枠を止めるパーツですが
そのネジは一箇所ずつならとっても問題ない為
そこにチェーンを取り付けます。

ここで今更ですが注意点^^;
チェーンの輪のサイズが大きすぎるとここで止められないので
ある程度チェーンは小さいやつが理想的です。
あと、小さければより細かな角度の調節もできます。

もし輪が大きすぎたら、裏面で本来使っていた
ワッシャー(丸いやつ)を一枚挟めば多分抑えられます。
ただ、そうするとおそらくネジ自体が短くて届かなくなるので
裏のネジと交換してしまえばOKだと思います。
やってないのでダメだったらごめんなさい。笑

チェーンは1mを適当に4分割してもいいですし
暖突につけてから切ってもいいと思います。
ちなみに私は、針金式を取り外す前に
角度をつけた時の一番長い距離に合わせて先に切りました。

で、フックにチェーンを引っ掛けて完成☆

110805g.jpg

こうなりました。

画像でお解かりかと思いますが
奥のほうのチェーンも手前と同じ長さにしてあります。
これによって角度をまるきり逆にもできますし
暖突を全体的に下げてフラットにもできます。


お次は蛍光灯台

<用意するもの>
・L字の棚受け
・(ネジ)

L字の棚受けは色んな種類があると思いますが
安いのでいいと思います。笑

ただ、サイズは少なくとも蛍光灯自体がはみ出さない程度に
L字のアームが飛び出すほうがいいです。
長いと邪魔だし、短いと落ちる危険があるので
予め測っておいたほうがいいと思います。
(勿論壁からの距離を。)

なお、ネジに関しては最初から付属している場合と
そうでない場合があると思うので、ある場合はサイズをみて
問題なければそのまま使うとお得です。
それ以外の場合は購入しなければなりません。

ネジは当然ながら木ネジ(スクリューの先が尖ったやつ)です。
ケージの壁面の厚みより長いと突き抜けて危険なので
出来ればある程度目測で測っておいて
それよりほんのちょっと長いくらいがいいです。
(棚受けの厚みがある為)

後で書きますが壁面の板はかなり堅いので
しっかりしたネジを使わないと曲がってしまう可能性があります。


<手順>

・高さと幅を決める
最初についている針金を外さず吊るしたままで
台の下に棚受けを合わせて、壁にネジの位置に印をつけると
一番簡単なんじゃないかと思います。

高さは、たぶん蛍光灯台の上部にはスイッチがあるので
それが使えるくらいの隙間は残すよう気をつけてください^^;

幅は、本当はライトを阻害しない場所がベストなのですが
あまり端のギリギリすぎると例えば地震で横揺れした場合
ずるっと落ちてしまう恐れがあるので
こぶし一つ分くらいは内側にセットしたほうがいいと思います。

位置が決まったら蛍光灯台は外したほうが楽です。


・棚受けを取り付ける
上記でつけた印の所にネジで取り付けます。
・・と普通に簡単に書きましたが多分この作業が一番大変です。

先に書きましたが、この壁の板がかなり堅いです。
くれぐれもいきなりネジを入れないようにご注意を。

もしあるならば電動工具で一度細い穴をあけるとベストです。
なかったら、キリのようなもので一度、少し通し穴を作ると多少は違います。
ネジの幅より大きな穴を開けないように気をつけてください。

また、軽い気持ちでうかつにネジを回すと、ネジの頭を潰します。
下手したらドライバーで怪我をするので気をつけてください。

ネジの基本は「押し7、回し3」です。
ネジの頭の+の溝に、しっかりとドライバーを押しつけながら
その残った力で少しだけ回すのがコツです。
ですから、半端なドライバーだとドライバーが壊れます。
柄の部分がある程度しっかりしたサイズのものをお薦めします。
なければ輪ゴムなどを数回巻くとグリップが上がり安定します。

木ネジなので一度ハマってしまえば
ある程度はスイスイ入ってくれますが
なにせ堅いので最後までご注意ください。
仕事でドライバーを使ってる私が苦戦したくらいです^^;

もし穴が広がってしまい、閉め終わったのにネジが簡単に回るようなら
全体的な棚受けの位置自体を変えてやり直してください。
蛍光灯台は軽いですが、一箇所でも緩いと外れる可能性が高くなりますし
何より電気なので落下した際に火災となる危険性があります。


・蛍光灯台を置く
棚受けを取り付けたら、蛍光灯台を乗せます。

110805h.jpg

一応これで完成なのですが
蛍光灯台は乗せてあるだけなので
出来れば何かで固定したほうがいいと思います。

我が家もまだ対策はしていませんが
飛び出た棚受けの先端にある天板用の穴を利用して
暖突のように、フックとネジを使って引っ掛けて
落下防止をしようと思っています。


以上、簡単ながらプチ改造の手順のご紹介でした~(=゚ω゚)/

Let's do it yourself!
スポンサーサイト
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

気ままに散歩

先日の水曜、野草を採りがてら散歩に行きました。

最初は近所の公園に行こうと思って
軽い気持ちで家を出たのですが
なんと行く先行く先、丸刈り状態。。

Oh!マルガリータ(謎

そんな訳で、ちょっと羽を・・じゃなく足を伸ばし
隣町の公園まで行ってきました。

110805b.jpg
【さあゆけ!】

この公園は本当に広いです。

いや、いつも行ってる公園の方が確実に広いけど
なんというか、平らな原っぱがこうして続く場所はあまりないので
やっぱりここが一番かもしれません。

野草のバリエーションは少ないけど^^;

でも基本的に散歩中はクローバーしか食べないので
まぁ・・良いかなと思ってます。

110805a.jpg
【他のも食べてね】

初めのうちは近くの野草をつまんで
そのうちちょっとうろうろするようになって
足元をくるくる回ったりしてくれます。

110805d.jpg
【それは食えない】

近くをうろうろしてる間に野草を採取。

・・・野草じゃないものも採取。笑

110805c.jpg
【デカイ】

この時期は様々な生き物がいるので
思わぬコンタクトが多いですね。


しかしチェロは環境に慣れると
なんていうか・・むちゃくちゃ足が速い。笑

歩き出したら凄い勢いで進むので
いったい何を目指しているのかと思えば・・

110805e.jpg

あちゃー(´Д`)
やっぱりソコ行きますか。

いつの間にやら50m以上歩いてて
公園のど真ん中に居たはずなのに気づいたら端っこ。
しかも周りに野草がないし。笑



110805f.jpg

こうなります。笑
もうこりゃ、お決まりですよね(´ー`)

あんなに遠くにいたのに、木が見えるのかな。
でもこの日は木には接触せず
土の大地を踏みしめるだけでした。

試しにまた元の場所に戻したら、また同じ方向に向かって歩き出したので
歩く距離を増やそうと企んで、今度は反対側の木に近い方に移動したところ
木が視界に入ったのか、意図に反して今度は逆に歩き出しました^^;

やっぱり見えてるんですね~。


そんな訳でこの日は約一時間くらい散歩させて
その間にオオバコを大量に採ってきましたが
半分以上の時間は、チェロを追いかける形になりました^^;

でも、沢山歩いて満足したようです♪

雨が心配でしたが、帰る頃には晴れ間も見えて
暑すぎず寒すぎずちょうど良い時間帯でした。

ここは平日だと本当に人が少ないから穴場かも♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。