Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ   12 comments   0 trackback

12月29日の定期測定

1日遅れの更新となりましたが
今年もあっという間に過ぎましたね(´ω`)

今年はカメ多摩メンバーが増えて
散歩もいっそう賑やかになりました。



ダンボールハウスも大賑わいでしたね。笑

そして今年の年末も例年通り、やってきましたがじ姫


【イラッシャイ】

挨拶もそこそこに、一直線に歩き出すがじ姫。





やっぱりご飯が一番みたいです(゜∀゜)


【ソレ モラッテモ イイ?】

チェロのびっくりした顔に笑えます。
でもそれ、お預かりの時にもらった野草だから
仲良く一緒に食べてね^^;


では今年最後の定期測定です。

背甲:229mmくらい(±0mm)
腹甲:217mmくらい(±0mm)
甲幅:160mmくらい(±0mm)
甲高:97.5mmくらい(±0mm)
体重:1946g(-22g)


戻りましたね。汗

今週は結構寝てる時間が多かったので
食べる時間も少なく、結果は予想通りでした。
また年末年始に給餌係りがいるので
一気に増える可能性はありますが
とりあえず大台は来年へ持ち越します。

今年のチェロは甲羅の成長こそ
例年と比較すると緩やかでしたが
なんだかんだで体重は順調に伸び続けて
2キロ目前まで来ましたね(´ω`)

来年はどんな一年になるでしょうか。

皆さんにとっても良い年になることを願いつつ
今年最後の更新とさせていただきます。


【良イ オ年ヲ】
Posted by ろろ   6 comments   0 trackback

12月22日の定期測定

全国的に荒れ模様に見舞われた先週は
東京でも初雪を観測するなど
冬到来と感じさせる寒さが続いております。

丁度、雪が降ると言われていた水曜の前に
近所の川沿いにノゲシスポットを発見して
なんとか一週間乗り切れました(´ω`)

ご近所カメ飼いさんである、こたまりさんの話でも
ノゲシが結構増えてきている印象があるので
一時期は厳冬かと思われましたが
まだまだ沢山採れるオオバコとあわせて
これから期待できそうです♪



とか言いながら、キュウリ食べてる写真。笑

湿度もかなり下がってきていますので
尿酸が固まりやすい時期になっています。
水分補給は欠かせません。

私の場合、日中は家に居ないため
帰宅時には30%近い湿度になっている事も多く
朝晩のケージへの水まきと
ペットボトルからガブ飲み(笑)も日課です(・ω・)

では今週の定期測定です。

背甲:229mmくらい(±0mm)
腹甲:217mmくらい(±0mm)
甲幅:160mmくらい(±0mm)
甲高:97.5mmくらい(±0mm)
体重:1968g(+22g)


明らかに食べる量は減っていると思うのですが
なぜか増え続けていますね^^;

今週は殆どノゲシでしたが、オオバコでもノゲシでも
成長は大して変わらないようですね。笑

あ、でもやっぱり青々したノゲシだと
食いつきは最高ですね☆
Posted by ろろ   12 comments   0 trackback

12月15日の定期測定

底冷えが厳しくなってきた東京地方。
北の方では大荒れの天気のようですが
来週半ば以降はこちらの方でも
雪が降るかもしれないとのことで
ただただ、野草が心配です。笑


【ドキッ】

だよねー( ̄∀ ̄)
食べるのが仕事だもんねー。笑

ここのところのチェロさんは
食べる量は以前に比べると少し減っていて
これでもかってくらい山盛りにして出かけると
少し残っていたりします。謎です(・ω・)

床材なども絡まった上で、乾燥してしまうと
結局捨てる事になるのでもったいないという事で
やや量を調節しながら様子を見ていますが
食べる時の勢いは相変わらずです^^;


【はむはむ】


【ぱくぱく】


【ぐおおお】

(゚Д゚)!


【・・チョット興奮シスギタワ】

やっぱり夢中になると目が泡立ちます。
どういう構造なんでしょうね・・これまた謎です。笑

では今週の定期測定です。

背甲:229mmくらい(±0mm)
腹甲:217mmくらい(±0mm)
甲幅:160mmくらい(±0mm)
甲高:97.5mmくらい(-0.5mm)
体重:1946g(+27g)


増えましたねー。

でも食べる量は減ってるのになんで増えるんでしょう^^;
今週はいたるところが謎だらけ。笑
見てないから解らないけど、運動量が減ったのかな?

甲高は誤差があったようで-0.5にしておきました。
やっぱり温浴前に測った方がおとなしいのでやり易いですね。汗
個人的には、他はもういいから
甲高だけ5mmくらい伸びて欲しいです(・ω・)


謎つづきの今週は、最後に極めつけの謎。



最近はこのコードの横がお気に入りですが
物陰に隠れるとかいうのではなく
コードが横にあることがお気に入りのようで。
崇高なカメ様のこだわりは
私のような愚鈍な人間には理解できません^^;
Posted by ろろ   6 comments   0 trackback

12月8日の定期測定

寒さも本格的になってきた東京地方。
12月に入って早一週間が過ぎ
いよいよ年末感が漂ってきました^^;

カメには盆も暮れも関係ないのですが
どちらかと言えば飼育係が家に居る方が
沢山食べられるので嬉しいのかもしれません。笑



朝は相変わらず眠そうなチェロさんですが
温浴後は目の開き具合が明らかに変わります。


【シャキーン!(※ご飯サーチアイ。笑)】

ちなみに嘴ですが、こちら側は
階段のようになってしまいました。汗

真ん中のところが以前めくれてた場所で
色々試行錯誤で削った結果こうなりました(・ω・;)
アゴよりの3段目の部分は痛覚があるようで
一度、少しだけニッパーで切り落とそうとして
とてつもない抵抗にあったのでやめました。汗

今のところこれで問題ないみたいなので
自然と削れて馴染むまでは放置します。

さて定期測定です。

背甲:229mmくらい(±0mm)
腹甲:217mmくらい(+1mm)
甲幅:160mmくらい(±0mm)
甲高:98mmくらい(±0mm)
体重:1919g(-20g)


体重は減ったものの、またもや伸びましたね。
増えて伸びての繰り返しという
いつものパターンに入ってきたような感じです。

背甲など前回伸びた数値は若干疑問がありましたが
どうやら確定のようで、さらに他も伸びたという結果に^^;

食べて寝てという生活なのに
着々と甲羅を伸ばしているチェロさん。笑
冬場の快進撃はどこまで続くのでしょうか!?


【オカワリ マダー?】
Posted by ろろ   14 comments   0 trackback

季節はずれのオオバコ祭り

本日は野草事情について(・ω・)

野草が少ない事に嘆いていた11月。
しかし前回の記事にも書いてあるので
既にご存知の通り、新たな野草スポットを発見して
ウハウハでございます。笑



何より驚きなのはこの時期に
これほど新鮮なオオバコが採れるということです。

春から夏場にかけて、いつも採取をする場所は
広い原っぱのある場所なのですが、そこよりさらに
奥のほうに(川下へ)1キロほど進んでいくと
もっと広い公園があります。



この辺りまで来ると本当に静かで
川のせせらぎと鳥の声しか聞こえなくなり
野草の採取をしていると、キュッキュッという音が聞こえて
ふと見ると目の前をカモが優雅に泳いでいたりします(´ω`)

この写真で気付いた方もいるかと思いますが
某巨匠のアニメーションに出てくる風景の元になった場所です。
傘を手渡して、雨の中を走っていく、あの道です。
今は砂利道ですが、昔は土の道で、もっとでこぼこしていました。

スタジオが地元ですから、それだでなく様々な作品で
この辺りの景色は使われています。

静かな場所ですが、たまにごごごーっと
騒々しい地鳴りのような音が聞こえると思えば



電車が通ります。

東京でも数少ない単線で、車両も短く
一時間に数本しか出ないというマイナー電車です。
・・なんて書くとこの電車をメインで使っている
某カメ飼いさんに怒られそうですが^^;
私は結構この電車、好きなんですよね♪
(人生で2回くらいしか乗った事ないですがwww)



こちらは数年前(2009年頃)の写真。
電車の色が違いますねー。
だいたい10分に1本くらいが通り過ぎるので
採取中には時間の目安としても最適だったりします。笑


さて、野草の話に戻りますが
オオバコがあるのは土手の下の方で
この辺りは散歩コースになっているので
上記の通り、土手の上はある程度舗装が進みまして
1キロ手前の原っぱの近辺に比べると
土手の下を歩く人はあまり見かけません。

よくよく探せば、歩道になっている場所でも
落ち葉の下に沢山のタンポポがあったり
土手に下りる傾斜の部分にはノゲシもあります。



しかし、元気な野草とは言いがたいものがあります^^;

先のオオバコは全部土手の下の写真なのですが
土手を下りるとこんな感じ。


左上:川沿い 右上:水はけ不良 下2枚:中央部分

土手の下部分は当然ながら川が近いため
場所によるのですが、水はけが悪いところもあり
右上のように常に水がたまってべちょっとしたところもあります。

ただ、多くの場所はいい具合の湿度で調節されているようで
傾斜の方に比べると川沿いの方が湿度が高く
野草の葉も乾燥せず元気に生えていました。

また、傾斜の部分より平面のところの方が
日当たりに差が出ないためか、時間帯問わず日光を浴びています。
つまり、水はけがそこそこある地帯は湿度もありつつ
日光を吸収できるということで
野草にとってかなりいい条件が揃っているようです。

傾斜の部分にある野草より、土手下の平らな場所、
条件さえ良ければより川に近いほうに
シャキッとした野草が沢山生えていました。
また、平らな場所は細いイネ科のような野草が沢山生えていて
そこに埋もれる形でオオバコが点在しているので
いい感じに湿度と温度を確保できているのも
12月でこれだけのオオバコが生えている理由かもしれません。



なのでこの時期にそぐわないような野草も元気です。
あ、この右下の野草は不明です。
形はホトケノザのような感じですが明らかにでかい。
結構あるんですがなんだか解りません^^;

オオバコはチェロにとって長期間、主食として活躍するので
この時期ノゲシが採れないことの代用で
しかもこれほど豊富に採れるのには驚きですが
非常に助かるスポットです☆


<オマケ>

先ほどの電車が走っているのは、この公園の入り口。

ちょっと見づらいですが、線路と別に
至近距離で手前側に橋が二本架かっています。

この土地には、その昔
恋仲を引き裂かれ橋から身投げをした女性が
大蛇に化けて大暴れしたという伝説があります。

遠くから見ると橋が二本に見えたことから
「二枚橋」と呼ばれるようになり
その後、供養の為に2本目の橋を架けたそうで
「二枚橋」の呼び名は今なお残っています。

今は線路を含めて三枚あるんですけどね。笑
実際にどの橋にも二枚橋という名称はついておらず
土地にも使われていないので、この土地において
この場所の呼び名として使われています。

遠くから見た橋だと線路の部分のようにも思えるのですが
実際どれを指して「二枚橋」なのかは私には解りません^^;