FC2ブログ

Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ   14 comments   0 trackback

季節はずれのオオバコ祭り

本日は野草事情について(・ω・)

野草が少ない事に嘆いていた11月。
しかし前回の記事にも書いてあるので
既にご存知の通り、新たな野草スポットを発見して
ウハウハでございます。笑



何より驚きなのはこの時期に
これほど新鮮なオオバコが採れるということです。

春から夏場にかけて、いつも採取をする場所は
広い原っぱのある場所なのですが、そこよりさらに
奥のほうに(川下へ)1キロほど進んでいくと
もっと広い公園があります。



この辺りまで来ると本当に静かで
川のせせらぎと鳥の声しか聞こえなくなり
野草の採取をしていると、キュッキュッという音が聞こえて
ふと見ると目の前をカモが優雅に泳いでいたりします(´ω`)

この写真で気付いた方もいるかと思いますが
某巨匠のアニメーションに出てくる風景の元になった場所です。
傘を手渡して、雨の中を走っていく、あの道です。
今は砂利道ですが、昔は土の道で、もっとでこぼこしていました。

スタジオが地元ですから、それだでなく様々な作品で
この辺りの景色は使われています。

静かな場所ですが、たまにごごごーっと
騒々しい地鳴りのような音が聞こえると思えば



電車が通ります。

東京でも数少ない単線で、車両も短く
一時間に数本しか出ないというマイナー電車です。
・・なんて書くとこの電車をメインで使っている
某カメ飼いさんに怒られそうですが^^;
私は結構この電車、好きなんですよね♪
(人生で2回くらいしか乗った事ないですがwww)



こちらは数年前(2009年頃)の写真。
電車の色が違いますねー。
だいたい10分に1本くらいが通り過ぎるので
採取中には時間の目安としても最適だったりします。笑


さて、野草の話に戻りますが
オオバコがあるのは土手の下の方で
この辺りは散歩コースになっているので
上記の通り、土手の上はある程度舗装が進みまして
1キロ手前の原っぱの近辺に比べると
土手の下を歩く人はあまり見かけません。

よくよく探せば、歩道になっている場所でも
落ち葉の下に沢山のタンポポがあったり
土手に下りる傾斜の部分にはノゲシもあります。



しかし、元気な野草とは言いがたいものがあります^^;

先のオオバコは全部土手の下の写真なのですが
土手を下りるとこんな感じ。


左上:川沿い 右上:水はけ不良 下2枚:中央部分

土手の下部分は当然ながら川が近いため
場所によるのですが、水はけが悪いところもあり
右上のように常に水がたまってべちょっとしたところもあります。

ただ、多くの場所はいい具合の湿度で調節されているようで
傾斜の方に比べると川沿いの方が湿度が高く
野草の葉も乾燥せず元気に生えていました。

また、傾斜の部分より平面のところの方が
日当たりに差が出ないためか、時間帯問わず日光を浴びています。
つまり、水はけがそこそこある地帯は湿度もありつつ
日光を吸収できるということで
野草にとってかなりいい条件が揃っているようです。

傾斜の部分にある野草より、土手下の平らな場所、
条件さえ良ければより川に近いほうに
シャキッとした野草が沢山生えていました。
また、平らな場所は細いイネ科のような野草が沢山生えていて
そこに埋もれる形でオオバコが点在しているので
いい感じに湿度と温度を確保できているのも
12月でこれだけのオオバコが生えている理由かもしれません。



なのでこの時期にそぐわないような野草も元気です。
あ、この右下の野草は不明です。
形はホトケノザのような感じですが明らかにでかい。
結構あるんですがなんだか解りません^^;

オオバコはチェロにとって長期間、主食として活躍するので
この時期ノゲシが採れないことの代用で
しかもこれほど豊富に採れるのには驚きですが
非常に助かるスポットです☆


<オマケ>

先ほどの電車が走っているのは、この公園の入り口。

ちょっと見づらいですが、線路と別に
至近距離で手前側に橋が二本架かっています。

この土地には、その昔
恋仲を引き裂かれ橋から身投げをした女性が
大蛇に化けて大暴れしたという伝説があります。

遠くから見ると橋が二本に見えたことから
「二枚橋」と呼ばれるようになり
その後、供養の為に2本目の橋を架けたそうで
「二枚橋」の呼び名は今なお残っています。

今は線路を含めて三枚あるんですけどね。笑
実際にどの橋にも二枚橋という名称はついておらず
土地にも使われていないので、この土地において
この場所の呼び名として使われています。

遠くから見た橋だと線路の部分のようにも思えるのですが
実際どれを指して「二枚橋」なのかは私には解りません^^;
スポンサーサイト