Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろろ   2 comments   0 trackback

3月11日の定期測定

真冬に逆戻りしたような日々が続いた東京地方ですが
今日からまた暖かくなるらしく
春に向けての予行演習のような日が続きそうです。

120311a.jpg
【オハヨ?】

チェロは相変わらず潜って寝ていますが
活動時間は少し延びたように思えます。

先日は雨が続いたため、お店も閑古鳥で
早々閉めてしまったりしました^^;

そんなわけで帰宅後。

まだ外に出すには早いのですが
たまにはお部屋散歩でもと思って
部屋に放置してみました。

120311b.jpg
【こころなしか楽しそう】

いつも狭いケージに閉じ込めてごめんよ(´Д`)

2時間くらい放置しましたが、いつもどおり
なぜか狭い場所にばっかり、果敢にトライするんですよね^^;

軽いラックの下に潜り込んでしまうと
余裕で移動させられるくらいの力をつけたので
大きな音がしたらチェックが欠かせません。汗

120311c.jpg

でも、お気に入りのソファーの下には
そろそろ入れなくなりそうです。笑

・・そのうち座ってる時に
ソファーをひっくり返されたりして(ないないw)


さて定期測定です。

甲長:197mmくらい(+2mm)
甲幅:146mmくらい(+2mm)
甲高:93mmくらい(+1mm)
体重:1438g(+10g)


グングン伸びます。

あまり印象としてはないのですが
実は今年の頭から甲長が1cmも伸びております^^;

ちなみに甲幅は7mm、甲高は3mm
・・体重はなんと200g!(゚Д゚)

わかる人が見ればわかるかと思いますが
上のチェロの写真でも、成長線がしっかり確認できます。

やっぱりこの時期、伸び率は一番のようですね。



---

偶然にも定期測定更新日が3月11日ということで

改めまして、この場を借りて

2011年3月11日以降、あの日が発端となり

亡くなられました全ての方々の

ご冥福をお祈りいたします。



また、原発という問題において

今なお日常を取り戻せないまま過ごされている方々に

一日でも早く日常が戻りますことを

一日でも早く笑顔が戻りますことを

心より願っております。



2012年3月11日は決して、区切りではありません。


「絆」とうたって綺麗に片付けようとしている風潮は

被災地の周りにいる、被害にあわなかった人たちの

都合のいい考えでしかありません。


今なお、2011年3月11日のまま時が止まり

一日も歩き出せずにいる方々も沢山いらっしゃいます。



あの悲惨な出来事を、忘れてはなりません。

何も変わらない現状から、目を背けてはいけません。



私たちの当たり前の日常が

今も苦しんでいる人たちの上に成り立っていることを

決して忘れてはいけません。



私たちの当たり前の日常が

今も苦しんでいる人たちの当たり前を奪ったことを

決して忘れてはいけません。



14時46分に多くの場所で行われた黙祷ですが

黙祷とは、なにも決められた時間に

合わせてやらなくてはいけないものではありません。


この記事を読まれた全ての方が、今一度、現状を深く考え

被災された全ての方々へ追悼の意を表していただければと思います。



黙祷。



※本日の記事は、意図的に黒字で表示させていただきました。

Comment

zeroko says... ""
チェロさん 順調ですね
でもがじだって負けてません(・ω・)
今年に入って甲長16.8mm体重58g伸びてます
自分で書いてみてビックリ(笑)
でもチェロさんは結構な大きさなのに全然止まる気配がありませんね
すごいなぁ
ソファをひっくり返す日も近いな~

3.11は正月よりもいろいろと考える日になりましたね
たくさんの思いが多すぎてひと言ではいえないのですが
でも復興の最初の1歩を踏み出せないでいる福島の方々が
1日でも1刻でも早く動き出せるように願ってやみません
合掌
2012.03.12 14:58 | URL | #- [edit]
ろろ says... ">zerokoさん"
がじちゃん、とてつもないですね!笑
さすがにピークを超えている(と思いたい・・汗)チェロでは
これから更に伸びるがじちゃんの勢いには勝てません^^
それにしても凄いです。
zerokoさんもいつか、ソファをひっくり返されないよう
注意する日がくるかもですね(ないない。笑)

3.11が日本に与えた衝撃はかつて無いものでした。
被災者だけでなく、きっと殆どの人たちがまだ
あの出来事を消化できずいると思います。
私は今でも、映像を見るだけで胸がつまります。
去年ほど、人の為に涙を流した一年は無かったと思います。

3.11当日だけに限ったことではありませんが
それでもこの日には毎年、これからも色々と考えることになるでしょう。
あの光景、この現状。決して忘れちゃいけないですよね。

改めて、合掌。
2012.03.12 17:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://celloblo.blog41.fc2.com/tb.php/243-fb33d4ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。