Cello-Blo.

チ ェ ロ の 観 察 日 記
Posted by ろろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ろろ   0 comments   0 trackback

6月26日の定期測定

雨が降ったり晴れたりと
梅雨らしい天候が続く東京地方。
九州の方では災害レベルの大雨ですが
こちらの方では雨量はやや少ないようで
バランスって難しいんだなとつくづく感じます。

さてさて、そんな中、先週はちょっとしたカメ事件がありました。
既にツイッターなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
迷子のリクガメを保護したという方がいらっしゃいました。

私はお店をやっているのですが
オープンな空間でチェロを放牧したりするので
以前お店に来たときに見ていたのだと思います。

誰に相談したらいいか解らないということでしたが
近くに私のような変人(笑)がいてよかったですよねホント( ̄∀ ̄)

道路を歩いていたので保護したというお話でしたが
甲羅がとても綺麗なエロンガータリクガメでした。



普通の方だと、リクガメの知識が全くないので
一時保護だとしてもかなり間違ったことをしてしまって
残念な結果になりかねません。
私も多湿系のリクガメの世話はしたことがないので
色々と不安もありましたが、とりあえず温度と湿度の管理と
食事の種類だけを伝えて見守ることにしました。

保護された方が生き物の命をとても大切に考える方だったので
良い人に拾われたなと思いつつ、
早期に飼い主さんが見つかることを願っていたところ
土曜の午前中に、無事にお家に帰すことが出来ました(約3日)

驚いたのは、どうやらこの仔は、そのお家でも拾われたそうで
転々と渡り歩いてきた可能性があるとのことです^^;
こんなに綺麗な甲羅なのにビックリでした。
拾われた場所は、緑の豊かな場所で
湿度も比較的高めの場所だったので
かなり稀な例だと思いますが、多湿系ですので
虫なども食べながら生きながらえたのかもしれませんね。

今の飼い主さんが見つけたときは
ノラ猫と一緒に生活しているようだったそうで
お家に戻ったときもすぐにその猫達が駆けつけて
仲良くしていたそうです。

もし小さい時に捨てられたか脱走したかで
その後、猫に見守られて育ったリクガメだったら
なんか凄い話ですよね(・ω・)

・・と、ちょっと長い話になってしまいましたが
ここで改めて、ツイッターなどで拡散協力いただいた全ての皆様に
心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

さてチェロさんですが・・・


【出番無イ カト 思ッタ】

・・・ごめんごめん^^;

チェロさんは相変らず週末出勤が続いていますが
今のところは週末に晴れてくれるので助かっています♪
とはいえ、連れ出してくれるのはチコリ姉さんなのですが
本当に助かりますm(_ _ )m


【画像提供@こたまりさん】

よく食べて


【画像提供@こたまりさん】

よく食べてます(゚Д゚;)

お店にいるときはあんまり食べないのにね



やっぱ外が気になるのかな~

あ、そうそう!
実は土曜に保護されたカメを連れて
散歩にお誘いしていたので楽しみだったんですけど
結局カメには一度も会えず、ちょっぴり残念でした。笑

では定期測定です

背甲:232mmくらい(±0mm)
腹甲:220mmくらい(±0mm)
甲幅:162mmくらい(±0mm)
甲高:100mmくらい(±0mm)
体重:2024(-20g)


減りましたね~

なんか最近は-20とか出ても
普通に2000gキープしているので
なんともない気がしているのですが
6月に入ってずっとマイナスなので
気がかりなのはヤツらのことですね。。

6月は結局トータルで46g減ったわけですが
5月再収集に謎の20g増があったので
平均値で行くと20gくらいのマイナスです。

念のため、病院に行かなくちゃなぁ~

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://celloblo.blog41.fc2.com/tb.php/539-92957e58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。